繰上げ返済ってどういうこと?

繰上げ返済にも手数料がかかります

住宅ローンが盛り上がりを見せているのは、それだけ多くの人が関心を寄せているからといえるのではないでしょうか。日本銀行によるマイナス金利が何かとクローズアップされていますが、実は住宅ローンにとっては、プラスの効果も大きいとして注目を集めます。 繰上げ返済はどんなものかと悩む人もいるかもしれませんが、決して難しいものではありません。要するに、住宅ローンを前倒しで支払ってしまうというものなのです。万一、余分にお金があるという人にとっては、繰上げ返済を検討するのも良いかもしれません。しかしながら、注意点もあります。繰上げ返済をする際には、一定の手数料がかかる場合もあります。各金融機関によっても異なりますが、決して安くはない手数料がかかります。

還付金が受けられるケースも

住宅ローンの種類といえば、大きく分けて二つです。固定金利と変動金利があります。固定金利は、基本的に金利が固定されることになります。いくら、日本銀行の公定歩合が上昇したとしても、影響を受けることがないという点では、良いといえるのではないでしょうか。一方、景気動向などによって変動するのが、変動金利です。変動金利は、景気動向や日本銀行の政策などによって金利が上下することになります。固定金利と変動金利のそれぞれの特徴を見極めた上で判断するのが得策といえるでしょう。
また、住宅ローンを組むことで、税制優遇を受けられることも念頭におく必要があります。借入残高によっては、年末調整などで還付されることにもなります。