知っておきたい住宅購入と税金のこと

住宅購入時にかかる税金って何があるの?

住宅購入時にかかる税金としては、主に「印紙税」「消費税」「登録免許税」「不動産取得税」等が存在します。
「印紙税」は、住宅購入時の売買契約や住宅ローン契約時に作成する契約書にかかる税金であり、契約する金額によって様々に額が異なります。
「消費税」は、私達が何か物を購入する際に、購入額に対して一定割合で徴収される税金ですね。
「登録免許税」とは、土地や建物を登記する際、また抵当権登記をする際にかかる税金です。土地や建物を登記する際の額は、それらの課税基準の評価額に所定の税率を掛け算出します。抵当権登記の場合は、課税基準の債権額に対して所定の税率を掛けて算出します。
「不動産取得税」は、不動産を取得した際にかかる税金であり、こちらも課税基準の不動産評価額に対して所定の税率を掛ける事により算出する事ができます。

住宅にまつわるその他の税金や諸費用

住宅を購入した際にかかる税金は、おおよそ以上となりますが、例えば住宅購入時に誰かから資金を援助してもらった等の事情があれば、それに対して贈与税がかかるといったケースも有り得るでしょう。そして住宅購入後は毎年固定資産税・都市計画税といった税金の支払い義務が生じ、こちらも課税基準の評価額に対して所定の税率を掛ける事で算出可能です。
また、それぞれに条件はありますが、取得時にかかる税金や固定資産税等につきましては、軽減措置が受けられる場合がありますので、よくお調べになった上でご検討されるのが良いのではないかと思います。その他、住宅の売買契約時に不動産会社に支払う仲介手数料や住宅ローンの金利等、税金以外でも様々な諸費用が必要となりますので、そちらも合わせて考えておきたいところですね。